(公社)日本おもと協会長野県支部

本支部は公益社団法人日本おもと協会の長野県支部として設立60年の歴史があります。長野県内の万年青愛好者を中心に、近隣の上越市、群馬県、また東京方面から参加する会員もいます。会員数は近年の高齢化などにも影響され最盛期に比べると100名弱と少なくなりましたが、なお活発で楽しい活動を行っています。
主な活動は下記の通りです。
◇秋には会員の名作品を持ち寄りその成果を競い、一般にPRを行う、信州おもと美術展を開催します。
◇初夏には県外の万年青名作者のお棚を訪問し、勉強をしながら会員の親睦を図る、視察親睦旅行を行い会員の楽しみになっています。
◇夏には、その年の新しい新芽を鑑賞しながら栽培研究を行う、新芽会を開きます。
◇その他新年会、忘年会も恒例になっています。
◇(公社)日本おもと協会からは年3回の万年青情報誌が配布されます。
◇同じく協会発行の万年青番付である3部からなる万年青銘鑑が配布されます。
役員
支部長 岡田忠行 副支部長 茂木二三夫、矢沢 哲、板倉幸雄 会計 小林博美
事務局 田中栄二【〒381-0001長野市赤沼188 ℡026-25-3001 田哲園内】
※当園は事務局として、支部活動をバックアップしています。
 

  • 第50回記念信州おもと美術展

長野県支部の今年の展示会は第50回記念の美術展になります。
期日は923()24日の二日間、会場は長野市のホテル犀北館南館です。入場は無料です。
なお期間中、23日の11時から公開オークションが行われます。参加は無料です。
24日の午前11時からはオモト植え込みワークショップを開催、オモト苗木と鉢資材込みで参加料1.000円。当日お申し込み下さい。
24日には開場と共に会員提供の無料苗配布があります。50本まで、お一人様1本です。
 

  • 新芽鑑賞会

8月には今年の新芽の美しさ、伸び具合を楽しむ新芽鑑賞会が行われました。
日帰り温泉を会場に、持ち寄った品物のプレゼン、意見交換、質疑などを行い、今後の参考にしました。
その後は食事会、入浴と、楽しいひとときを過ごしました。

  • 平成30年度視察親睦旅行

今年は東京、神奈川の趣味者のお宅を訪問し勉強しました。
泊まりは伊豆長岡温泉で汗を流し、盛大な宴会で親睦を深めながら疲れを癒しました、